身長を伸ばす方法ジャンプ

身長を伸ばす方法として、運動があります。この場合、何でもかんでも運動をすればいい、体を動かせばいいというものではなく、全身を使う運動、そして、縦に体を伸ばす運動であることが求められます。全身を使う運動の場合、全身にある骨に満遍なく刺激を与えることが可能になります。縦に体を伸ばす運動に関しては、骨にある骨端線に刺激を与えることができるのでおすすめです。骨端線とは、大腿骨などの長骨の根元の部分、レントゲンにすれば隙間となっている部分が骨端線で、いわば軟骨組織の集合体です。この軟骨組織がいずれ成長していき、骨に変化していきますが、これが増殖すればそれだけ骨として成長するということです。この2つの動きをするような運動であり、手軽にできる運動であれば、子供にやらせるにしても簡単に行うことが可能です。その運動こそがジャンプなのです。

とはいえ、ジャンプなら何をしてもいいのかということではありません。例えば、うさぎ跳びなどもジャンプの一種ですが、筋肉への負担が一か所に集中してしまい、むしろ妨げとなってしまいます。身長を伸ばす際に筋肉に過度な負担を強いる運動は逆効果となるため、だからこそ全身を使うような運動が大切なのです。例えば、バスケットボールやバレーボールのようなものがおすすめで、特にバスケットボールはボールさえあれば気軽に遊ぶことが可能であり、公園などにもバスケットゴールが設置されているところがあるなど、身近で遊ぶことができるスポーツです。縄跳びも全身を使い、よくジャンプするという点でおすすめです。バスケットボールにしてもバレーボールにしても身長の高い人が多いスポーツという認識がありますが、身長が高いからそこに行くということではなく、小さいときからプレーをしていた結果、こうした要因で身長が伸びたということが正しいと言えます。もし、子供の身長を伸ばしたいという親御さんがいた場合にはこうしたスポーツを小さいときからさせるというのがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です