身長を伸ばす睡眠

身長を伸ばずしたい人は睡眠をしっかりとらなければいけません。
なぜかというと、しっかり睡眠をとると成長ホルモンが分泌されるからです。
成長ホルモンは私たちの体内で生成されるホルモンの一つで、成長を促すために必要なもの。
その成長ホルモンの効能の中に『身長を伸ばす』効果があるのです。
でも最近は昔より子供の眠り時間が遅くなっています。
夜遅くまで起きているということは、その分成長ホルモンは少なくなってしまい、成長をストップさせてしまう可能性があります。
寝る子は育つということわざがあるように、睡眠はとても大事なもので、1日7時間以上の深い睡眠が必要となります。
では成長ホルモンが一番分泌しやすい時間とはいつなのかというと、午後10時から午前2時です。
この4時間の間に沢山のホルモンが分泌させる必要があり、グッスリと眠る事が大切になってきます。

ではグッスリ眠るとはどういう事なのか。

まず、夜中に目が覚める人や夢を見る人は熟睡できていないと言えます。

睡眠にはノンレム睡眠(深い)とレム睡眠(浅い)の二つがあります。この二つがワンセットになって繰り返し朝を迎えます。
特にレムは浅いので夢を見やすくなってしまいます。
だから身長を伸ばすのに必要なのはノンレム睡眠であり、大脳を休息させることが必要です。

ではとうすれば質の良い眠りが作れるのか。

1.まず朝は体内時計をリセットさせるために太陽の光を浴びましょう。
今まで不規則な時間で眠っていた人は、体内時計をリセットする必要があります。
30分から1時間、窓越しでもよいので光を浴びるようにしましょう。

2.次に食事は眠る2、3時間前に終わらすこと。
胃に食べ物が残っていると、体はそれを消化させるため休息できなくなってしまいます。
成長ホルモンは空腹時に分泌されやすいので、胃の中は空っぽにして寝ましょう。

3.リラックスして眠れる為に、ゲームやTVは遅くても30分前まで、お風呂は2、3時間前までに入っておきましょう。
目が冴えていたり、体の体温が上がっていると眠りにつきにくくなってしまいます。

この3点を注意するようにすれば成長ホルモンは分泌されやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です