身長を伸ばす子供

子供が身長を伸ばすには、よく食べること、よく寝ることが前提となりますが、今までの常識を見直しておく必要があります。例えば、牛乳を飲んで身長を伸ばすのは牛乳にカルシウムがあるからと言われていますが、カルシウムは骨を強くする要素であり、骨を伸ばす要素がある栄養素はタンパク質です。つまり、タンパク質をまずは豊富に取り、それでいて骨を強くするためにカルシウムを補うというのがおすすめです。タンパク質やカルシウムをいかにバランスよく補っていくかが大事なのです。食の欧米化が進み、最近の子供はどんどん体格が大きくなっているのもこうした理由があるためです。

睡眠に関しても、寝るときに成長ホルモンが分泌されるということは誰もが知っていますが、夜10時から夜2時までに分泌されやすいという説がまことしやかに囁かれています。実際はそうしたことはなく、眠り始めの数時間に成長ホルモンが出やすいとされています。そして、睡眠で最も大事なのは眠りの質であり、最初の3時間が勝負です。質の悪い睡眠の要因としては、夜中のコンビニの光やカフェイン、夜中の食事、携帯電話の光などが挙げられます。つまり、無理に夜10時までに寝ようとしても意味はなく、ならば、携帯電話の使用を控えさせるなどのことが求められます。

そして、欠かせないのが運動です。骨に衝撃を与えることで成長を促すことが可能になります。それだけではなく、お腹を減らしやすく、眠りやすくする効果もあるため、運動はしておかなければなりません。しかし、寝る前の運動はあまりやりすぎてしまうとむしろ逆効果であり、体温を上げすぎて眠りを妨げてしまいます。寝る前に運動をする場合でも、数時間前に終わらせておくことが大切です。今までの常識を見直し、科学的に立証されていることを再確認して、そこから子供の身長を伸ばす最適な方法を模索していくことが重要であり、ちょっとしたことで伸ばすことができるということがわかります。

成長期の身長をサポートするサプリについては、こちらのサイトが参考になりますよ。
→成長期のびのび学園.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です