身長を伸ばす睡眠

身長を伸ばずしたい人は睡眠をしっかりとらなければいけません。
なぜかというと、しっかり睡眠をとると成長ホルモンが分泌されるからです。
成長ホルモンは私たちの体内で生成されるホルモンの一つで、成長を促すために必要なもの。
その成長ホルモンの効能の中に『身長を伸ばす』効果があるのです。
でも最近は昔より子供の眠り時間が遅くなっています。
夜遅くまで起きているということは、その分成長ホルモンは少なくなってしまい、成長をストップさせてしまう可能性があります。
寝る子は育つということわざがあるように、睡眠はとても大事なもので、1日7時間以上の深い睡眠が必要となります。
では成長ホルモンが一番分泌しやすい時間とはいつなのかというと、午後10時から午前2時です。
この4時間の間に沢山のホルモンが分泌させる必要があり、グッスリと眠る事が大切になってきます。

ではグッスリ眠るとはどういう事なのか。

まず、夜中に目が覚める人や夢を見る人は熟睡できていないと言えます。

睡眠にはノンレム睡眠(深い)とレム睡眠(浅い)の二つがあります。この二つがワンセットになって繰り返し朝を迎えます。
特にレムは浅いので夢を見やすくなってしまいます。
だから身長を伸ばすのに必要なのはノンレム睡眠であり、大脳を休息させることが必要です。

ではとうすれば質の良い眠りが作れるのか。

1.まず朝は体内時計をリセットさせるために太陽の光を浴びましょう。
今まで不規則な時間で眠っていた人は、体内時計をリセットする必要があります。
30分から1時間、窓越しでもよいので光を浴びるようにしましょう。

2.次に食事は眠る2、3時間前に終わらすこと。
胃に食べ物が残っていると、体はそれを消化させるため休息できなくなってしまいます。
成長ホルモンは空腹時に分泌されやすいので、胃の中は空っぽにして寝ましょう。

3.リラックスして眠れる為に、ゲームやTVは遅くても30分前まで、お風呂は2、3時間前までに入っておきましょう。
目が冴えていたり、体の体温が上がっていると眠りにつきにくくなってしまいます。

この3点を注意するようにすれば成長ホルモンは分泌されやすくなります。

身長を伸ばす方法プロテイン

身長を伸ばす方法として必要な栄養素は、骨端線を成長させるタンパク質、カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、亜鉛といったものです。これらをバランス良く補給することで、骨の形成を促進させて土台から大きく作り替えてくれます。プロテインは筋力トレーニングをしている人なら馴染みのある健康食品で、質の良いタンパク質が含まれています。タンパク質は骨の形成以外にも、筋肉や内臓、髪の毛など人体のあらゆる部分で使用される栄養素としても有名です。非常に重要な要素として、大量に摂取することが必要になりますが、様々な食品から摂取することが可能なため、通常は一般的な食事で不足するということはありません。

しかし、特殊な環境下においてタンパク質が不足するような生活を送っているのであれば、プロテインで身長を伸ばすというのも良い方法かもしれません。ちなみに、プロテインの中にはアルギニンと呼ばれるアミノ酸が含まれている商品が多く販売されています。アルギニンは筋組織を形成するためにも必要な成分で、成人であれば体内で合成することもできますが、子どものうちは合成できないことから必須アミノ酸となっています。また、成長ホルモンの分泌を促進させる作用があるため、骨だけでなく人体の様々な成長に関わる栄養素とも言えます。健康や成長に関わる非常に重要な栄養素なので、アルギニンを多く含有したプロテインを飲めば、成長期だけでなく、すでに成長が終わった成人であっても身長を伸ばすことが可能かもしれません。ただし、骨を形成するには他にも様々な栄養素が必要になるので、プロテインだけを飲んだとしても十分に身長が伸ばせるとは限りません。特にカルシウム、マグネシウム、ビタミンDは重要な要素となるので、これらを多く含む魚介類、野菜、豆類を摂取するか、サプリメントを利用して上手く補給することが重要です。身長を伸ばすにはプロテインを使用した栄養の補給も効果的ですが、睡眠や運動といった要素も必要になることは認識しておきましょう。

身長を伸ばす子供

子供が身長を伸ばすには、よく食べること、よく寝ることが前提となりますが、今までの常識を見直しておく必要があります。例えば、牛乳を飲んで身長を伸ばすのは牛乳にカルシウムがあるからと言われていますが、カルシウムは骨を強くする要素であり、骨を伸ばす要素がある栄養素はタンパク質です。つまり、タンパク質をまずは豊富に取り、それでいて骨を強くするためにカルシウムを補うというのがおすすめです。タンパク質やカルシウムをいかにバランスよく補っていくかが大事なのです。食の欧米化が進み、最近の子供はどんどん体格が大きくなっているのもこうした理由があるためです。

睡眠に関しても、寝るときに成長ホルモンが分泌されるということは誰もが知っていますが、夜10時から夜2時までに分泌されやすいという説がまことしやかに囁かれています。実際はそうしたことはなく、眠り始めの数時間に成長ホルモンが出やすいとされています。そして、睡眠で最も大事なのは眠りの質であり、最初の3時間が勝負です。質の悪い睡眠の要因としては、夜中のコンビニの光やカフェイン、夜中の食事、携帯電話の光などが挙げられます。つまり、無理に夜10時までに寝ようとしても意味はなく、ならば、携帯電話の使用を控えさせるなどのことが求められます。

そして、欠かせないのが運動です。骨に衝撃を与えることで成長を促すことが可能になります。それだけではなく、お腹を減らしやすく、眠りやすくする効果もあるため、運動はしておかなければなりません。しかし、寝る前の運動はあまりやりすぎてしまうとむしろ逆効果であり、体温を上げすぎて眠りを妨げてしまいます。寝る前に運動をする場合でも、数時間前に終わらせておくことが大切です。今までの常識を見直し、科学的に立証されていることを再確認して、そこから子供の身長を伸ばす最適な方法を模索していくことが重要であり、ちょっとしたことで伸ばすことができるということがわかります。

成長期の身長をサポートするサプリについては、こちらのサイトが参考になりますよ。
→成長期のびのび学園.com

女子の身長を伸ばす

最近は背の高い子供も増えていますが、中にはなかなか背が伸び悩んでいる子供も少なくありません。

特に女子の場合、男子と違って成長のピークが10~12歳頃と非常に早いため、その後に身長を伸ばすことを行っても効果があまり期待できないこともあります。

女子のあこがれの職業はモデルさんや芸能人になりたいと、子供と一緒にせっせと身長を伸ばそうと躍起になっているお母さんもいるのではないでしょうか。

では、実際に女子の身長を伸ばすにはどんなことが有効なのでしょうか。

女子の身長を伸ばす方法はいくつか存在しますが、やはり重要なのは運動と食事です。

成長期にしっかりと運動をすることで身長が伸びやすい体質になることが期待できます。
特に、バレーボールやバスケットボールなど比較的ジャンプをすることが多い競技は身長を伸ばすのに効果的だといわれてます。

また、ジョギングや自転車など全身や足腰を多く使うスポーツも良いとされています。

食事に関しては、もちろんバランスよく取ることも大切ですが亜鉛を多く含む食べ物を積極的に摂取するのがおすすめです。

亜鉛は、成長ホルモンの分泌を促すのと骨や筋肉の形成にかかわっている大事な栄養素でもあるので必要不可欠といえます。

そして、成長ホルモンの分泌を促すには良質な睡眠がとても大事です。

女子中学生、高校生だとつい遅くまで友達とスマートフォンやLINEなどを行って夜更かししがちになってしまいますが、身長を伸ばしたいのであれば遅くても体の成長が著しく進む夜10時から2時のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯には寝ていることが理想です。

その他に、劇的に変化するわけではありませんが普段から姿勢を正して過ごすようにすると身長が伸びやすくなります。

正しい姿勢で生活をしているとリンパの流れが良くなり血流が良くなって女性特有の冷え性などの問題も改善されていきます。

規則正しい生活を心がけて良質な睡眠をとり、亜鉛を含む食事をバランスよく摂取することが結果的に女子の身長を伸ばすことにもつながりますので、早速今日から試してみることをおすすめします。

身長を伸ばす方法ジャンプ

身長を伸ばす方法として、運動があります。この場合、何でもかんでも運動をすればいい、体を動かせばいいというものではなく、全身を使う運動、そして、縦に体を伸ばす運動であることが求められます。全身を使う運動の場合、全身にある骨に満遍なく刺激を与えることが可能になります。縦に体を伸ばす運動に関しては、骨にある骨端線に刺激を与えることができるのでおすすめです。骨端線とは、大腿骨などの長骨の根元の部分、レントゲンにすれば隙間となっている部分が骨端線で、いわば軟骨組織の集合体です。この軟骨組織がいずれ成長していき、骨に変化していきますが、これが増殖すればそれだけ骨として成長するということです。この2つの動きをするような運動であり、手軽にできる運動であれば、子供にやらせるにしても簡単に行うことが可能です。その運動こそがジャンプなのです。

とはいえ、ジャンプなら何をしてもいいのかということではありません。例えば、うさぎ跳びなどもジャンプの一種ですが、筋肉への負担が一か所に集中してしまい、むしろ妨げとなってしまいます。身長を伸ばす際に筋肉に過度な負担を強いる運動は逆効果となるため、だからこそ全身を使うような運動が大切なのです。例えば、バスケットボールやバレーボールのようなものがおすすめで、特にバスケットボールはボールさえあれば気軽に遊ぶことが可能であり、公園などにもバスケットゴールが設置されているところがあるなど、身近で遊ぶことができるスポーツです。縄跳びも全身を使い、よくジャンプするという点でおすすめです。バスケットボールにしてもバレーボールにしても身長の高い人が多いスポーツという認識がありますが、身長が高いからそこに行くということではなく、小さいときからプレーをしていた結果、こうした要因で身長が伸びたということが正しいと言えます。もし、子供の身長を伸ばしたいという親御さんがいた場合にはこうしたスポーツを小さいときからさせるというのがいいでしょう。

短期間で身長を伸ばす方法

短期間で身長を伸ばす方法は、元からある身体をただし姿勢にしてあげるということです。
物理的に身長を短期間で伸ばすというのは難しいといえます。
身長を伸ばしたいのであれば、しっかりとした睡眠を取って、カルシウムやタンパク質、マグネシウムなどの骨や筋肉を作ってくれる栄養素をしっかりと補給しながら、身体を動かして骨や筋肉に刺激を与えて成長ホルモンの分泌を増やしてあげる必要があります。
子供のころの成長期にこういった背を伸ばすための方法を実践していれば短期間でも驚くほど身長が伸びる可能性があります。短期間といってもそれは数カ月から数年単位の長期的に考える必要があるわけです。

本当に短期間で身長を伸ばす方法は、まず猫背などで曲がってしまった背骨を正しい形に戻してあげることで身長は数センチ変わってくる可能性があります。
歪んだ姿勢を矯正したり、新陳代謝を上げるためにはストレッチを寝る前や起きた時など毎日やることが効果的です。
例えば床にあおむけに寝転がって、両手を頭の上で汲みます。そして息をゆっくりと吐きながら頭の上に限界まで飲ましていきます。同時に爪先も引っ張られるイメージを持ちながら伸ばしていきます。この時に目線は伸ばしている手を見るようにすると、首のストレッチにもなります。
限界まで伸ばしたら一気に力を抜いてリラックスします。それを何度か繰り返すと腕から背中、腰から足まで全身を伸ばす効果があり、体重の重さで縮んでしまった身長を伸ばすことができます。
うつ伏せに寝転がって、両手両足を伸ばしてそのまま腰を上げていく、逆ブリッジの姿勢も身体の歪みを矯正するのに効果的です。
その他にも足を伸ばして座って、膝の裏を軽くたたいてほぐしてあげるのも体重で縮まってしまった関節をリラックスさせて伸ばすのに効果があります。
身長は成長期ならば、栄養と睡眠、そして適度な運動をしてあげることで伸ばしやすくすることが可能です。
後は正しい姿勢を保てるようにしましょう。